今や誰でもシェフ!プロに学ぶ時短料理

シェフの技をお家で行うのは、まず基本から

時短料理をするためには基本が必要

料理本に書いてあるレシピはプロの料理人が試行を重ねて作りだした、料理人オリジナルの味の設計図です。 もし、一品作ってみてとても美味しい!と思ったらその料理人の本を一冊、毎日一品ずつ作ってみましょう。 色々な料理人の本を買って試すより、好きな料理人の本を一冊マスターしてみる方が料理上手につながりますよ。

レシピはプロの伝える料理の設計図

毎日、忙しいけれど自炊はしたい。
できるなら簡単で時短のお料理をしたい。
毎日外食では体に良くない気がする。

お店のシェフのようなお料理を作りたい!

誰でも思いますよね。
ふるまう相手がいる場合は特に自分の料理上手を知って欲しい。

しかし、そうなる為にはまずお料理の基本を知っておかなければなりません。
もし、お料理があまり得意ではない方だとしたら、プロの技を盗んでしまいましょう。
方法としては
・料理本
・料理教室
・料理動画
が一番の早道かと思います。
後程、どのような方法なのかお伝えいたしますね。


時短料理は、お料理の基本を知った上で出来るものなのですが、ちょっとしたコツはあります。
まずは、使うものを探さない整理されたキッチンである事。
使いたい調味料や調理器具をいちいち探すのは面倒くさいものですものね。
調理器具があまりに多いのも時短料理は難しいものです。(例えば、2口コンロなのに、同じ大きさのフライパンは3つは要らないですよね)
そして、洗い物を増やさない。
調理する時間より洗い物をする時間の方が長くなるなんて、本末転倒になってしまいます。

最後のコツとして、
プロは色々な方がいます。皆さんお料理に対して色々な考え方を持っているので、出汁を取るにも百人百様なのです。
どのプロの調理方法が自分にとって合うかを見極める事は大切な事です。

お料理の基本をプロから学んで、時短料理を作れるようになれば、家事はずいぶんと楽になります。
でも、お料理がどうしても面倒な時は、レストランに行って時短をしても良いと思いますよ!

料理のコツを一から学べます

料理教室には色々なコースがあります。 全く料理をした事の無い方向けには、包丁の持ち方から教えてくれるところもあります。料理上級者むけのコースもあります。 もちろん、時短料理のコースを設置している教室もありますので、興味があったら「時短料理 料理教室」で調べてみてくださいね!

動画を見て手順を覚える事が出来ます

料理動画の良い所は、動画をみて手順を頭に入れる事が出来る事。 料理人の動画は細かい所まで映してくれるので、理解しやすいというメリットがあります。 料理の数十秒の動画は料理用語で分からない事があった時に検索すれば、すぐに動画が出てきます。手元が出てきて分かりやすいので、困った時は検索をしてみてくださいね。